• ホーム
  • おりものの異常はなぜおこる?

おりものの異常はなぜおこる?

どうしておりものの異常が起こるのだろうか不思議に思いませんか。病気になるとおかしな状態になることもありますが、実は病気だけではないのでおりものの異常があっても不安に思わなくて良いこともあります。

健康状態と密接な関係があるので、自分の体が今どのような状態かを知る助けになります。通常は透明化白っぽい色をしており下着に付いて乾くと、クリーム色に変化するでしょう。また、多少酸っぱい臭いがするくらいです。臭いと感じた場合は健康状態に何か問題がある可能性があります。ただし、生理前後は臭いがきつくなるのでこの時期であればあまり気にしなくて良いでしょう。

排卵期には多少血が混じることもあります。いつも以上にドロッとしているために不安に思うことがあるかもしれません。これは排卵期特有の症状なので全く問題はありません。

性交渉後は大量に出ます。ホルモンバランスと関係があるために、生理前後や性交渉後にいつもとは違った状態になりやすいです。特に性交渉後は興奮状態ですし、膣の自浄作用が起こるために大量に分泌されます。おりものの量や臭いなどでそろそろ生理が来ると判断している人もいるかもしれません。一時的に大量に出たからと言って病気ではないので安心してください。

ホルモンバランスと関係があることは想像しやすいかもしれませんが、他にも年齢や体調、心の状態によっても変化があります。強いストレスを感じている時にいつもとは違ったおりものになるかもしれません。

病気だけではないから多少おりものに異常があっても安心とは言い切れません。もしかしたら、病気が潜んでいることがあるかもしれないからです。いつもと少し違うだけなら良いですが、酒粕状態であったり悪臭がする時は病気が原因の可能性があります。

デリケートゾーンを不潔な状態にしていると、病気になりやすいので気をつけてください。免疫力が落ちやすくなりますし、それが原因でなんらかの病気を患うこともあります。下着と洋服で通気性が悪くなる場所なので、日頃から通気性をよくしたり清潔を保つように心がけてください。

病気かもしれないと思ったら早めに検査を受けましょう。特に問題がなくてもいつもとは違ったおりものが分泌されることも多々ありますが、もしかしたら本当に病気になっているかもしれないからです。血が混じっていても問題がないこともありますが、排卵日以外で血が混じっていれば検査を受けた方が良いかもしれません。

女性ならおりものとは切っても切れないので、なぜ異常が起こるのかを知っておくと突然大量に分泌されたからと言って慌てることもありません。通常の状態が一つしかないと思っていると余計な不安に襲われるかもしれないので、正常な状態を覚えておいた方が良いです。そうすれば、今は性交渉後だから分泌量が多くなっているだけというように判断できます。自分の健康状態を知るバロメーターとして日頃から観察しませんか。

関連記事
女性の不正出血の危険性! 2020年04月30日

軽く見てはいけないのが不正出血です。月経以外で出血があった場合はその原因を早く突き止めなくてはなりません。重い病気が潜んでいる可能性もあるので、何が自分の体に起こっているのかを考えましょう。排卵周期が不安定な状態になっているために無排卵性出血が起こることがあります。無排卵性出血は月経ではないの出血が...

膣カンジダを治療できる薬にはどんなものがあるの? 2019年11月22日

どんな薬を使って治療するのだろうと思いませんか。膣カンジダの治療薬はいくつもあります。カーネステンクリームはその名の通り塗り薬で、日本ではエンペシドクリームとして知られています。カーネステンクリームは治療再発予防効果が期待できる治療薬です。イミダゾール系の抗真菌薬で多くの人が使っています。エンペシド...

細菌性膣炎を治すにはどんなことをすればいいのか 2020年02月15日

細菌性膣炎になった場合は外陰部のかゆみもありますので、ついついかいてしまうかもしれません。我慢できないと思っても我慢してかかないようにしましょう。外陰部のかゆみ以外にもさまざまな症状が出るはずです。普通の細菌が異常発生しただけなら安静にすれば良いと思うかもしれませんが、早く治療してください。最初に医...

性器ヘルペス治療に効果的な薬はバルトレックスとゾビラックス 2020年01月19日

性器ヘルペスになったら適切な治療を早く受けましょう。治療薬にはいろいろなものがあります。バラシクロビルは白い錠剤で、ヘルペスウイルスの増殖を抑えたり、再発の抑制効果があります。バラシクロビルの製品名はバルトレックスなので、バルトレックスの方が馴染みがあるかもしれません。内服薬以外にも塗り薬や注射もあ...

トリコモナス膣炎を治したい人が使うべき治療薬 2019年12月23日

トリコモナス膣炎にはさまざまな治療薬があります。メトロニダゾールはフラジールと言う製品名です。だから、フラジールを処方されたことがある人が多いかもしれません。トリコモナス膣炎は、トリコモナス原虫が寄生して発症します。メトロニダゾールはトリコモナス原虫を死滅する効果が期待できる治療薬です。治療薬は他に...