• ホーム
  • なぜ?膣カンジダになった原因を考える

なぜ?膣カンジダになった原因を考える

心配している男性

どうして突然膣カンジダを発症したのだろうと思うかもしれません。妊婦や糖尿病患者が患うことが多いとは言われていますが、これらだけではありません。多くの人が今では疲労やストレスを感じています。実は、これらもとても重要なカギを握っているので気を付けましょう。

膣カンジダは再発しやすい人がいます。糖尿病患者もそうですし、疲労やストレスを感じやすい人もそうです。また、普段からどのような服装をしているのかによっても再発してしまうかもしれません。

そもそも膣カンジダは免疫力の低下と関係があります。ホルモンバランスが崩れると免疫力が低下しますから、発症する可能性が高くなります。だから、妊婦が発症しやすいですし、生理前なども気を付けなくてはなりません。強いストレスによってもホルモンバランスが崩れるので、ストレスを受けやすい人は特にかかりやすいかもしれません。

高温多湿な状態をカンジダ菌という真菌が好むので、下着は通気性の良いものを身に付けておきましょう。ホルモンバランスが崩れることもそうですが、高温多湿な状態になると常駐している真菌が異常な増殖をします。常駐していますので、適切な量であれば問題はありませんが、異常な増殖をしてしまうと酒粕のような状態のおりものなどを発症します。

意外と見逃しがちなのは、お風呂に入った後です。デリケートゾーンを完全に乾かしてから下着を身に付けないと、高温多湿な状態になるので真菌の異常な増殖につながりかねません。タオルでよく水分を取って、完全に乾かしてから下着を身に付けるようにしてください。これを怠ると再発しやすいので激しいかゆみや酒粕のような状態のおりものが治りにくくなるはずです。

トイレでトイレットペーパーをどうやって使うのかもポイントです。後ろから前へと拭いてしまう人もいますが、これはよくありません。腸などの消化管の中にカンジダ菌がいますから、前から後ろに向かってふき取るようにしてください。他の原因があまり当てはまらなかったとしても、発症した場合は、これが原因かもしれません。後ろから拭く習慣が身に付いている人は、早く改善しましょう。

ぴったりとした服装の方が痩せて見えるかもしれませんが、これも良くないので気を付けましょう。特に、風邪をひいていたり疲労やストレスを感じている時はゆったりとした洋服を選ぶようにして、予防した方が良いです。免疫力が下がっている状態では真菌が異常な増殖をしやすいので、休息したり服装に気を使いましょう。

原因を知ると、とても身近なことばかりだと思いませんか。だから、多くの女性がすでに経験したことがあるのかもしれません。人によっては再発しやすいと感じているはずです。以上のことに気を付けていれば、再発を繰り返してしまうことはないでしょう。自分でできる予防法は多々あります。妊婦であっても規則正しい生活を送って免疫力ができる限り下がらないようにすれば恐れなくてすみます。

関連記事
似ているけど違う!膣カンジダと間違えやすい病気 2019年11月25日

自己判断では判断できないこともあります。実は、他にも似たような病気があるからです。自分でこれは膣カンジダだと判断したけれど、なかなか良くならないことがあるかもしれません。他の病気だったために、膣カンジダの治療薬などを使ったけれど改善しなかったのかもしれません。他にも似ている病気があるので、どんな病気...

膣カンジダを治療できる薬にはどんなものがあるの? 2019年11月22日

どんな薬を使って治療するのだろうと思いませんか。膣カンジダの治療薬はいくつもあります。カーネステンクリームはその名の通り塗り薬で、日本ではエンペシドクリームとして知られています。カーネステンクリームは治療再発予防効果が期待できる治療薬です。イミダゾール系の抗真菌薬で多くの人が使っています。エンペシド...

膣カンジダはうつる病気?発症したら注意すべきこと 2019年11月20日

もしかしたら、膣カンジダは移る病気ではないかと思っていませんか。実は、他人にうつす可能性があるので自分が患った際には注意が必要です。風邪をひいていたり疲労やストレスを感じている時に発症するとは言え、安心できません。自分が誰かにうつすことも十分に考えられるので慎重に行動しないといけません。パートナーが...