• ホーム
  • トリコモナス膣炎を治したい人が使うべき治療薬

トリコモナス膣炎を治したい人が使うべき治療薬

トリコモナス膣炎にはさまざまな治療薬があります。メトロニダゾールはフラジールと言う製品名です。だから、フラジールを処方されたことがある人が多いかもしれません。トリコモナス膣炎は、トリコモナス原虫が寄生して発症します。メトロニダゾールはトリコモナス原虫を死滅する効果が期待できる治療薬です。

治療薬は他にもチニダゾールが有名です。チニダゾールもトリコモナス原虫を死滅することが期待できます。ファシジンと言う製品名ですから、ファシジンの方がわかりやすいかもしれません。どちらも内服薬で、ジェネリック医薬品もあります。なるべく治療費を抑えたい人はジェネリック医薬品を使うのも良いかもしれません。有効成分はジェネリック医薬品であっても変わりがないので医師と相談して処方してもらいましょう。

パートナーも感染する恐れがあるため、性行為をしておりうつっている可能性がある場合はパートナーも一緒に治療してください。どちらの治療薬であっても服用後はアルコールは控えます。少なくとも服用後は72時間はアルコールを摂取しないでください。副作用が表れる恐れがあるからです。

トリコモナス膣炎は二次感染の危険性があります。だからこそ、パートナーと一緒に治療する必要があります。男女の性行為によって移る危険性がありますが、女性同士であっても移るかもしれません。男性同士の場合は二次感染の危険性はないでしょう。

ほとんど性行為によって感染することがわかっています。トリコモナス膣炎になったら早く治療することはもちろんですが、予防することも必要です。

すでにトリコモナス原虫の寄生が原因であることがわかっていますので、性行為の際にはコンドームを使ってください。トリコモナス膣炎が治まるまでは予防のためにコンドームを使わないと男性にうつすかもしれません。

トリコモナス膣炎を患っているかどうかにかかわらず、性行為の際にコンドームを使うことで予防しておきましょう。そうすれば、二次感染の危険性がなくなるからです。あまりコンドームを使っていない人は今後は使うようにすると良いのではないでしょうか。

体内にトリコモナス原虫が寄生すると聞くと怖くなるかもしれません。メトロニダゾールやチニダゾールなどの治療薬を使えばこれを死滅できるでしょう。正しく治療薬を服用すれば早く治ります。ジェネリック医薬品であればかなり治療費を抑えられるかもしれませんので、医師や薬剤師に聞いてみてください。

ほとんど例外なく性行為で感染するので、予防しようと思えばできます。おりものの異常やデリケートゾーンの強いかゆみなどがあった場合は早めに治療を開始してください。早めの治療もパートナーにうつさないためにはとても重要なことだからです。他のおりもの異常の病気と比べても特徴があるために、見分けやすいかもしれません。自分が感染しているかもしれないと思ったら、医療機関を受診しましょう。

関連記事
膣カンジダを治療できる薬にはどんなものがあるの? 2019年11月22日

どんな薬を使って治療するのだろうと思いませんか。膣カンジダの治療薬はいくつもあります。カーネステンクリームはその名の通り塗り薬で、日本ではエンペシドクリームとして知られています。カーネステンクリームは治療再発予防効果が期待できる治療薬です。イミダゾール系の抗真菌薬で多くの人が使っています。エンペシド...

性器ヘルペス治療に効果的な薬はバルトレックスとゾビラックス 2020年01月19日

性器ヘルペスになったら適切な治療を早く受けましょう。治療薬にはいろいろなものがあります。バラシクロビルは白い錠剤で、ヘルペスウイルスの増殖を抑えたり、再発の抑制効果があります。バラシクロビルの製品名はバルトレックスなので、バルトレックスの方が馴染みがあるかもしれません。内服薬以外にも塗り薬や注射もあ...

似ているけど違う!膣カンジダと間違えやすい病気 2019年11月25日

自己判断では判断できないこともあります。実は、他にも似たような病気があるからです。自分でこれは膣カンジダだと判断したけれど、なかなか良くならないことがあるかもしれません。他の病気だったために、膣カンジダの治療薬などを使ったけれど改善しなかったのかもしれません。他にも似ている病気があるので、どんな病気...

膣カンジダはうつる病気?発症したら注意すべきこと 2019年11月20日

もしかしたら、膣カンジダは移る病気ではないかと思っていませんか。実は、他人にうつす可能性があるので自分が患った際には注意が必要です。風邪をひいていたり疲労やストレスを感じている時に発症するとは言え、安心できません。自分が誰かにうつすことも十分に考えられるので慎重に行動しないといけません。パートナーが...

なぜ?膣カンジダになった原因を考える 2019年11月17日

どうして突然膣カンジダを発症したのだろうと思うかもしれません。妊婦や糖尿病患者が患うことが多いとは言われていますが、これらだけではありません。多くの人が今では疲労やストレスを感じています。実は、これらもとても重要なカギを握っているので気を付けましょう。膣カンジダは再発しやすい人がいます。糖尿病患者も...