• ホーム
  • 膣カンジダを治療できる薬にはどんなものがあるの?

膣カンジダを治療できる薬にはどんなものがあるの?

黄色のカプセルと果物

どんな薬を使って治療するのだろうと思いませんか。膣カンジダの治療薬はいくつもあります。カーネステンクリームはその名の通り塗り薬で、日本ではエンペシドクリームとして知られています。カーネステンクリームは治療再発予防効果が期待できる治療薬です。イミダゾール系の抗真菌薬で多くの人が使っています。エンペシドクリームという名前で発売されているので使ったことがある人が多いかもしれません。

ニゾラールクリームも外用薬です。強力な抗菌作用のあるケトコナゾールが使われています。真菌感染症に良いこともあって、ニゾラールクリームは水虫など他の真菌の病気を治療する時にも使われることがあります。

カーネステン膣錠は直接膣に挿入する治療薬です。寝る前に使う特効薬で、エンペシド膣錠と言う名前で使用したことがある人が多いかもしれません。カーネステンクリームと同様にカーネステン膣錠はクロトリマゾールが使われています。クロトリマゾールは真菌の細胞膜の機能を低下させる働きがあります。

フルコナゾールは膣カンジダの内服薬です。フルコナゾールもクロトリマゾールと同様に真菌の細胞膜の機能を低下させる働きがあります。真菌の増殖を抑える効果が期待できます。

フルコナゾールはカプセルですが、ジフルカンもカプセルの内服薬です。やはり、真菌の増殖を抑える働きがあります。副作用が少ないので安心して使えるでしょう。

ジフルカンやフルコナゾールなどの内服薬もありますし、外用薬の種類も多いです。両方とも使用すれば、早く膣カンジダを治すことができるかもしれません。医療機関を受診した際には、以上のいずれかを処方されるのではないでしょうか。

これらの治療薬だけでも十分に効果が期待できますが、効果補助に良いものもいろいろとあります。ケトコナゾールが配合されたシャンプーやせっけんがありますので、合わせて使うのも良いかもしれません。ただし、あくまでも効果補助として使ってください。治療はやはり適切な治療薬を使わないとなかなか治らない恐れがあるからです。

膣カンジダと聞くと日本ではコマーシャルでも見かけることが多いエンペシドクリームのイメージが強いかもしれません。これしかないと言うわけではないので、他の治療薬を処方されたからと言って効果が期待できないことはないので安心してください。

特にエンペシドクリームは市販薬として宣伝されていますので、印象が強いかもしれません。ドラッグストアなどでも手に入りやすいです。もしかして、膣カンジダかもしれないと思ったら、早めにドラッグストアでエンペシドクリームを購入して使うと早く治るかもしれません。

デリケートゾーンのことですから、医療機関を受診することを躊躇ってしまう女性は多いです。そう言う女性にとって市販薬はとても助かります。ただ、医療機関を受診すればより自分に合っている治療薬を処方されるかもしれませんので、受診を考えましょう。

関連記事
似ているけど違う!膣カンジダと間違えやすい病気 2019年11月25日

自己判断では判断できないこともあります。実は、他にも似たような病気があるからです。自分でこれは膣カンジダだと判断したけれど、なかなか良くならないことがあるかもしれません。他の病気だったために、膣カンジダの治療薬などを使ったけれど改善しなかったのかもしれません。他にも似ている病気があるので、どんな病気...

膣カンジダはうつる病気?発症したら注意すべきこと 2019年11月20日

もしかしたら、膣カンジダは移る病気ではないかと思っていませんか。実は、他人にうつす可能性があるので自分が患った際には注意が必要です。風邪をひいていたり疲労やストレスを感じている時に発症するとは言え、安心できません。自分が誰かにうつすことも十分に考えられるので慎重に行動しないといけません。パートナーが...

なぜ?膣カンジダになった原因を考える 2019年11月17日

どうして突然膣カンジダを発症したのだろうと思うかもしれません。妊婦や糖尿病患者が患うことが多いとは言われていますが、これらだけではありません。多くの人が今では疲労やストレスを感じています。実は、これらもとても重要なカギを握っているので気を付けましょう。膣カンジダは再発しやすい人がいます。糖尿病患者も...